【未経験から転職】これまでの経験を無駄にしない方法とは?

キャリア

20代、30代のビジネスパーソンがキャリアを考える上で、今後の経済状況を見据え新たな職種や業界へ未経験での転職を検討されている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は30歳までに3度の未経験転職の経験を持つAさんの事例を踏まえて未経験転職で重視した点や方法をご紹介します。

今いる業界から転職したい!他の職種でキャリアを積み直したい!と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

経歴概要

転職時社会人歴業界職種会社規模
1年目教育ディレクター約100名
4年目ITスタートアップカスタマーサクセス約30名
現在Web広告代理店Webコンサルタント約1,500名

上記がAさん(30代)の経歴になります。
これまでのキャリアを見ても様々な業界・職種での未経験転職を経験されています。

Aさん(30代)の未経験転職への戦術

未経験転職を成功させるためAさんがこれまで取られた具体的な方法を以下でご紹介します。

点と点の掛け算で市場価値を最大化する

Aさんは元々いろんなことに興味が湧く性格ということもあり、一つのことを極める職人のようなキャリアは向かないと思っていたそうです。
そんな中でAさんが重視したのは、1つの点(経験・スキル)ではなく複数の点を伸ばして、それぞれを掛け合わせることで市場価値を上げることを意識されたそうです。

これに近いキャリアの話に、東京都初の中学校の民間人校長をされていた元リクルートの藤原和博氏が提唱されている「キャリアの大三角形」がありますね。

Aさんも参考にして、自身の価値観に合ったキャリア形成の型を軸に置くことで未経験でも自信を持って転職に取り組めたそうです。

業界ごとの市場環境を念頭に入れる

未経験転職で「何をするか」と同時に「どこでするか」も重視し市場環境の調査も意識されました。
成長環境でこそポストが空いたり優秀な人材が集まるため自身の成長にも繋がるのではないかと考えていたそうです。

マクロな視点で見ると今後日本の労働人口は年々減り続けるため、どの業界でもビジネスパーソン一人あたりの価値は相対的に上がることが予想されます。
事実、企業は人材の獲得に積極的で転職サイトのDODAによると求人数・転職希望者数は年々増えていて、多くの業界業種で人材の流動性は高まっています。

 (出典:DODA
ただし業界別に見ると有効求人倍率には差があり、IT・通信業界を筆頭に成長産業は求職者同士の競争が激化しています。

Aさんは業界に活気があり有効求人倍率の高いIT業界への転職を実現したあと、同様に人気業界のWeb広告代理店で勤められています。しかし未経験となると実際の有効求人倍率よりも転職の難易度は上がるため、転職までにしっかりと時間を取って準備されていました。

実績を分解し、経験を再定義

Aさんが特に面接時に意識していたことが、これまでの経験を汎用的に生かせる点を強調することでした。
経歴上は未経験に見えてしまうことは仕方ないですが、会話のなかで関連性や繋がりを感じてもらうことで採用する理由として納得感を持ってもらう必要があると考えていました。

例えばAさんの場合、IT企業時代には顧客からの問い合わせに対応し、そこから有料顧客になってもらう反入率をKPIとして仕事にしていました。
どうすれば見込み顧客を増やして目標達成をしてきたか具体的なエピソードの中に「仮説構築力」「コミュニケーション力」といった少し抽象度の高いスキルをアピールしました。

これまでの実績を裏付ける要素をスキルと定義し次の職場でも応用できるワードへ変換することで採用担当者に業務中のイメージを持ってもらうことを目標としていたそうです。

さらに面接の場で採用担当側から「こういう問題があった場合はどう対応する?」「他の選択肢は考えなかったの?」とアピールしたスキルを深掘りする質問があれば採用後をイメージしようと判断できるため、同様の質問を引き出せるように面接ごとに改善していました。

そして採用後のイメージを持ってもらうことで面接突破率も大きく変わったそうです。

転職は点と点を繋ぐためのステップ

転職活動で必ず聞かれるのが「どうして違う業界(職種)に転職したいの?」という質問です。

単純に未経験と聞くと転職それ自体が関連性がなくネガティブな転職として捉えられがちです。
そのため転職理由にも採用側が理解できる安心材料として繋がりを提示できた方がベターです。

こちらもAさんは先ほどの例と同じくキャリアの関連性と繋がりを意識していました。
具体的にAさんの場合は転職理由として、将来的になりたい人物像を提示していました。

やりたいこと(doing)でキャリアについて論理展開するとツッコミどころが生まれてしまい面接で不利になることが多いため注意。

常になりたい人物像(being)を軸にして話せれば、キャリアのスタート地点から現在、また現在から未来へのベクトルに共通点を持たせることができるとのことでした。
またなりたい人物像がなかなか思い浮かばない場合は、発想のコツとして逆に「なりたくない人物像」を列挙して消去法で考えて整理していました。

価値観をすり合わせる

最後に未経験に関わらず重要なことですが、会社側と自分の価値観との共通点を探すことを意識されていました。
実際、価値観や文化が合わなそうだと感じた企業は辞退していたとのことでした。
理由としてこれも点と点を繋ぐステップの延長と考え、入社後のパフォーマンス低下の防止を挙げられていました。

未経験からの転職となると、簡単に次の転職がしづらくなることも考えられます。
次のキャリアアップとして転職するため実績を作る必要があると考れば、パフォーマンスが出づらい環境は致命的です。


(出典:DODA
実際の転職理由ランキングを見ても、その多くが企業と社員とで期待値のミスマッチが原因となっていることがほとんどです。
転職活動中は目の前の内定に目が行きがちですが、中長期の視点を持って未経験転職後のことにも注意が必要なようです。

まとめ

  • 未経験の中で市場価値の最大化を考える
  • キャリアの繋がりを意識して経験の関連性をアピール
  • 未経験転職成功後の中長期視点を忘れない
  • いかがでしたででしょうか。今回は30代までに未経験業界/未経験職種に転職されたAさんの事例を元に、未経験から異業種に転職する上で注意すべきことをご紹介しました。

    お話を伺いながら筆者が感じたことは、通常の転職活動としての準備にプラスして未経験の場合はアピールすべき点に注意して進めることが重要だと感じました。
    未経験での転職を検討されている方は今回紹介した点もぜひ転職活動の参考にしてみてください。

    コメント